病院での性病の検査方法

性行為によって他人からウイルスや細菌などの病原性微生物に感染して起こる病気が性病であり、淋病や梅毒などはかつての性病の代名詞でしたが、現在ではさらに幅広い種類の病気がみられ、性感染症、性行為感染症、略称のSTDなどとして呼ばれていることもあります。こうした性病には、他にもクラミジア、カンジダ、性器ヘルペス、B型肝炎、後天性免疫不全症候群などがあり、それぞれ原因となっている病原性微生物にも違いがみられます。
もしも性病のうたがいが出てきた場合には、病院の性病科、泌尿器科、婦人科などで検査を行い、どのような病原性微生物によるものかをチェックしたのち、抗菌薬などの医薬品の処方を受けるのが適当です。
病院での検査ですが、基本的には本人が問診票に記入した事項の確認にはじまり、医師による触診や内診などがあります。この段階で性器周辺にできたいぼや水ぶくれなどの形態から、どのような性病であるかが明らかな場合もあります。
しかし、なかには咽頭に感染することもある淋病やヘルペスのようなものは、一見するとかぜと見分けがつかなかったりすることもあるため、くわしい検査による原因の特定は不可欠です。そのため、血液の採取、尿の採取、綿棒などで患部をこすってのおりものや性器の分泌物の採取が行われるのが一般的です。
これらの検体は直接顕微鏡で確認したり、病原性微生物を増殖させてそのDNAを調べたりといった過程により、なかに潜んでいる病原性微生物の種類が明らかにされます。
性病の種類や症状によってですが、腟炎や子宮頚管炎などの体の奥深くに炎症などがみられる場合には、エコー検査やCT検査など、機械をつかって体の外側から内側のようすを映像化する検査が行われることもあります。