若年性アルツハイマー病の原因は性病?治療と検査の料金

今までにも若年性アルツハイマー病の患者はいましたが、急に増えてきたのは最近です。その背景には、性病に罹患する若者が増えたことがあります。
若年性アルツハイマー病の原因の一つに、性病があげられます。
若年性アルツハイマー病になると、脳の神経細胞が壊されて、脳が萎縮して正常な機能が失われます。アルツハイマー病は通常45~65歳に多く発症する症状で、高齢になるほどリスクが高くなると言われています。しかし、近年では発症年齢が低年齢化しており、早い人だと18歳から症状が出てくることもあります。若年性アルツハイマー病が怖いのは、高齢者の症状よりも進行が早い所です。また、女性の方が罹患率が高いと言われています。
性病の治療の料金は、検査料金が事前に把握しづらいというデメリットがあります。
1.病院で検査を受ける、2.保健所で検査を受ける、3.性病検査キットを使う、という3つの方法がありますが、それぞれ料金が異なってきます。
1.の場合には、診察代(初診810円、再診210円)+検査費用+薬代で、保険適用ならば合計5千円~1万円、保険非適用ならば合計1万5千円~3万円が相場です。
2.の場合には、全国の各保健所で無料で行っています。ただし、検査結果がわかるまでに2週間ほどかかる、人数制限がかる、検査内容が保健所によって異なる、などの注意点があります。
3.の場合には、単品検査ならば3~5千円、複数検査ならば5千円~2万円、カップル検査ならば1万円~3万3千円かかります。
まずは性病の検査を受けないことには治療が受けられません。検査~治療までを考えると、性病検査キットを使うのが一番コストパフォーマンスが良いです。